借りる前に一生懸命働く!貸してくれた街金から教わる教訓

いろいろありお金が必要になった時がありました。

当時はすでに大手の消費者金融から借り入れをしていましたが、遅延や滞納が続きどこからも新たな借り入れが出来ない状態でした。

そんな時にあるサイトの書き込みで、とある街金の事を知りました。

街金というか闇金にほぼ近い業者だとは思いますが・・・。どうしても必要だった為勇気を出して電話をしてみました。応対は良くも悪くもなく普通。来社して欲しいとの事だったので行く事にしました。

サイトで「おじさんが一人でやってる」という書き込みを見ていたので怖さはなかったです。

事務所があるというビルはなんとも陰湿な雰囲気のビル。事務所につくと本当におじさんが一人でやっていました。まずは審査があるみたいで紙にいろいろかかされます。身分証明書を出しいくら必要なのかを聞かれ30分程審査に時間がかかるので外出して待つように言われます。ここらへんはサイトに書かれていたので想定内。

ちなみに貸してくれるお金も初回は3万までという情報も書かれていたので、とりあえず希望金額は5万といっておきました。30分近くプラプラして待っていると事務所に来るように言われたので、事務所に行きました。さぁ審査の結果は・・・「とりあえず審査は通りました。が初めての方なので初回は3万まで貸すことができますがよろしいですか?」ここは想定内なのでOKの返事をして契約書にサインします。

そこで始めて実家の住所と電話番号・親の名前と勤務先・兄弟姉妹の名前をを書くように言われ、これは想定外だったのでちょっとビックリしましたが、多少の偽りを交えつつ書きました。無事に3万円を手にする事が出来たわけですが、重要な返済はというと「10日後に4万にして持ってきてください。それで信用がつくので次からは5万まで貸すことが出来るようになりますから」と言われます。

ここもサイトに書き込みがあったので驚きはしなかったのですが、借りた後ヤバかったかな?とちょっとは怖くなりました。普通に考えたら10日で3割弱な訳ですから闇金といえば闇金だったのかも知れません。

10日が経ち4万円を手に返済に向かいました。必死で稼いだ4万円。やればできるじゃん!と思いながらもふと3万借りる10日前から頑張れば良かったんじゃないかと思ったりもしました(笑)

事務所について返済をした時に「また借りてく?」と言われ「また困った時にお願いしますので今回は大丈夫です」といい事務所を後にしたのですが、帰る途中で領収書をもらわなかった事に気づき電話をする事に。

「うちは領収書はどうしてもというなら出すけど基本出しては無い。でも目の前で契約書シュレッターかけたでしょ?それで納得してもらえればと思います」と言われ、確かにシュレッターかけてたし大丈夫かと思いそのまま帰りました。(まぁ後々も大丈夫だったので良かったですけど・・・。汗)そこの業者さんとは、その後も本当に困った時に利用させてもらいました。

利息だけ返済する時もあったりで、最後は5万くらい(元金が)残金あったのですが、10日に一度返済するのがバカらしくなり、それまで今まで借りたお金のトータルの3倍以上のお金を業者に払ってるわけで、十分元は取らせてあげたな!と思い逃げるのを決意しました。

最初は家に電話があるんじゃないか?私の家までくるんじゃないか?とビクビクしていたりしましたが、特に何もされずにもう5年以上経過しています。ふと気になってそこの業者を調べたら警察のガサ入れにあったらしく返済のみでの営業になっていました。

困った時に貸してくれた唯一の業者だったので感謝もありますが、自分が払った金額を計算した時に借りるより必死で働いた方が結局はお金持ちだったんじゃないかと借りた自分に後悔したりもします。

借りる前に一生懸命働く!事を教えてもらった気がします。